[苔除去剤 MOSSBOSS(モスボス)] MOSSBOSS moss remover

モスボスは屋根、ベランダ、ウッドデッキ、敷石、レンガ、塀、あらゆる外壁、アウドドアファニチャーに蔓延る「苔」「藻」「カビ」を退治します。
園芸用噴霧器でスプレーして簡単クリーン、しかも漂白せず生分解しますので、環境にやさしいアウトドアクリーナーのマイスターです。
モスボスは塗布後2〜3日の時間をかけて、壁面や屋根にこびりついた苔や藻。カビをゆっくり分解し落とします。
噴霧器での施工になるため、対象物表面を傷めることなく、かつての美しさを取り戻す事が可能です。

モスボスの施工方法

  1. 他の化学薬品と混和しないでください。12時間以内に降雨が予想される場合は施工を控えてください。
  2. モスボス原液1に対して4倍の水道水を加えて希釈してください。水を加えてから良くかき混ぜてください。
  3. 低圧の園芸用噴霧器を使用して対象物に噴霧してください。乾燥時の曇天時が最も適した施工条件です。
  4. 処理すべき表面を余すところなく噴霧し終わったら2・3日放置します。
  5. その後、固いブラシか高圧洗浄器にて死滅した苔、藻、カビを洗浄し落とすか、単純にそれらの死滅を待ち、(一般的には白色か茶色に変色)、まとまった自然降雨での浸食(洗い流し)に任せます。
  6. モスボスは急速な効果よりも対象物表面を傷めずに緩慢(ゆっくり)と効果を発揮します。

カタログダウンロード(PDFで開きます)

施工実例





よくある質問

原液(5L缶)でどの程度噴霧できますか?
噴霧範囲や噴霧量は苔、藻、カビの繁茂状態に左右されます。多孔質の表面材であれば原液5Lで125m2程度、穴が比較的少ないなめらかな表面材であれば250m2程度が目安です。
もちろん、厚みのある苔などの場合には多めに噴霧するか、希釈を少なくして様子を見るか、都度確認しながら作業を行ってください。
誰でも簡単に噴霧できますか?
地上に近いところであれば噴霧器やスプレーボトルさえあればどなたでも噴霧は可能です。
人体には無害な塩化ベンザルコニウム液10%ですが、霧状になった液を吸引すると喉に刺激を感じる事があります。
作業時には必ずマスクなどを着用してください。室内の場合は必ず換気をしてください。
また、手袋、安全メガネ及び直接皮膚に接触しないような保護服などを装着してください。
屋根・外壁など高所作業を行う場合は必ず屋根業者様などの専門業者様にご相談ください。
どんな苔にも効きますか?
「茶系」「黄系」の苔よりも「緑系」の苔には良く効くことが実証されています。
苔にも何万という種類があるのですべてを実証した訳ではありません。効き目を確認するには全体を施工する前にテストとして部分的に実施されることをお勧めします。
噴霧後、どの程度苔などが生えないものでしょうか?
一概には言えない、と言うのが現状です。弊社でもいろいろなところで実験を行っていますが、1年程度で苔が再発したケースもありますし、全く再発していないケースもあります。しかしながら概ね1年程度は再発が認められなかったという事は言えると考えられます。
屋根材や外壁材の場合、表面の塗料まで変色しませんか?
彩色スレート板、セメント瓦、陶器瓦、外壁、サイディング、金属屋根などほぼすべての対象物において変色は認められません。ただし、「いぶし瓦」の場合は表面がとてもデリケートですので必ず影響のないところで実験してみて、変色が無いことを確認してから実施してください。