[紫外線に強い・再塗装不要] Withstand ultraviolet

メトロタイルは、一般戸建住宅はもちろん商業施設や公共施設に至るまで幅広い分野で実績を誇る屋根材です。
豊富なカラーバリエーション、強く優れた耐候性、メンテナンスフリーといった優れた性能と品質で世界中で高い評価を得ています。

紫外線に強い、いつまでも美しい外観

長年の製品開発によって、非常に優れた耐久性と強度を持つ最高品質の屋根材が実現。
ガルバリウム鋼板の表面には、アクリルベースコート仕上げの上に天然石粒を焼き付け、さらにアクリルを上塗り加工しております。
それによって、紫外線や塩害に優れた耐候性を発揮し、美しい外観を保ちます。

メトロタイルの表面は天然の石粒です。赤・茶・緑・白・黒などの天然鉱山から採掘された岩を砕いて砂粒にしております。(天然石鉱山についての詳細は「メトロタイル旅日記」若しくは「製品の特長トップ」もご覧ください) そのため、一般的ガルバリウム鋼板のような「塗装鋼板」とは違い、一定時期での色の塗り替えは必要としません。

一般的金属屋根材(塗装鋼板)は表面の塗膜層によって紫外線が基材である鋼板部分に直接あたるのを防いでおります。しかしながらミクロン単位の塗膜層だけでは昨今の紫外線量の増加に追い付かず、徐々に塗膜の劣化を引き起こしてしまいがちです。昨今のガルバリウム鋼板の保証は短いものでも10年ないしは15年、フッ素鋼板ベースで20年ですが、一般的には保証年数+3年〜5年程度が「塗り替えの目安」として鋼板メーカーも推奨しております。

これをそのまま放置すると更なる紫外線の影響を鋼板自体がうけてしまい、白錆発生→赤錆発生を経て鋼板に穴があく状態となってしまいます。一般的塗装鋼板で一定時期に再塗装をする理由は再塗装によって紫外線を直接鋼板に当てない、という効果を期待するためです。定期的に塗装を繰り返す事で鋼板は非常に長持ちする素材でもあります。
メトロタイルは塗膜の代わりに色変化が起きない天然石粒を採用しておりますので定期的な塗装は不要で、いつまでも美しい屋根を維持します。