[天然石粒付金属屋根材の特徴] Characteristics of metal roofing with sand

メトロタイルは、一般戸建住宅はもちろん商業施設や公共施設に至るまで幅広い分野で実績を誇る屋根材です。
豊富なカラーバリエーション、強く優れた耐候性、メンテナンスフリーといった優れた性能と品質で世界中で高い評価を得ています。

サビに強い

一般的鋼板屋根材は表面がカラー塗膜層となっております。そのため長年の間紫外線の照射を受けることで徐々に劣化していきます。ガルバリウム鋼板は従来は10年保証が一般的でしたが昨今の技術改良で15年保証商品もあり、フッ素鋼板においては20年保証も可能です。
しかしながら一般論としては保証期間+5年程度で塗膜層の目視によるチェックを行い、白錆の発生が確認でき、それが顕著になってくる頃を目安として「再塗装」の判断をしなくてはなりません。放置しておくと赤錆に発展して、やがては鋼板に穴を開けてしまう危険があります。

メトロタイルの屋根材は鋼板の表面に天然石粒を付着させていますので、紫外線の影響は直接受けません。加工部分にも補修用の石粒を施しておけば錆の発生を抑える効果があります。この事から30年の材料品質保証(製品保証)が可能なのです。

塩害に強い

一般的に金属屋根材は海岸線などの塩害地域には不適とされています。また、サビに強いガルバリウム鋼板のメーカーにおいて例え10年保証製品であっても、海岸線からの距離によっては保証書が発行されないか、減年した保証書となってしまいます。

メトロタイルの屋根材は表面に天然石粒があるために塩の影響を直接受けにくい構造になっていますので、例え、波しぶきを受けるような塩害地域においても30年の材料品質保証(製品保証)の発行が可能です。
石粒によって塩の成分が屋根に付着したままで大丈夫か?というお問合せもありますが、世界80ヶ国での実例から大丈夫である、とお答えしております。また、一旦雨が降れば塩分の大部分は雨に溶けて流されてしまいます。日本は海に囲まれた島国です。海岸線の近くで新築・屋根リフォームをご検討の方には朗報です。

色褪せに強い

新築当初はきれいな艶のある色合いを出している鋼板屋根材も10年もすると紫外線の影響でうっすらと色変わりしたような状態に変化していきます。塗料の耐候性からしてしかたのない状況です。サビの項でも触れましたが色変わりし始めた時期はイコール「再塗装」を考える目安の時期でもあります。

メトロタイルの屋根材は天然の色付岩を砕いた砂粒ですので、色変わりすることは考えられません。
石粒の剥離を懸念される方もおられますが高度な技術開発で製品化されたメトロタイルは施工後長期間に渡り、安定した状態であることは実証済です。
また、たとえ雪国でも屋根上に堆積した雪によって石粒ごと落雪することは過去10年以上に渡る北海道での施工実績からも報告されておりません。
この事からメトロタイルの屋根材には表面石粒コーティングに10年の美観保証を付けております。

塗り替え不要

上記のような理由から軽量屋根材である一般的金属屋根材や、彩色スレート板に比べてもメンテナンス費用はかからないのがメトロタイルの屋根材の最大の特徴です。
New Zealandでの20年経過した建物の屋根がそれを物語っております。